ベラジョンカジノ ブラックジャック

ベラジョンカジノ フリーベットブラックジャックのルールとプレイした感想

ベラジョンカジノにあるフリーベットブラックジャックのルールとプレイした感想です。

勝敗ルールは普通のブラックジャックと全く変わらないので知らずにプレイしても勝率はいつもどおりに楽しめます。

でも、ルールを知ればよりお得に楽しめるルールでしたよ!

  • テーブルリミットは1ドル~2,500ドルとなっています。
  • テーブル数 最大4テーブル

フリーベットブラックジャックとは?

タダで賭けることができるブラックジャック・・・ではありません。

ブラックジャックの賭け方の「ダブルダウン」と「スプリット」を”特別な場合のみ”タダでできるという意味です。

それと、ディーラーが22になった時の特例が加わるだけです。

ダブルダウンとスプリットはゲーム途中で行える追加オプションみたいなものです。(有料オプション)

勘が良い人はお気づきだと思いますが、通常の「ダブルダウン」と「スプリット」を選択するにはお金を払う(ゲーム中に賭け金の追加)必要があります。

ところが「フリーベットブラックジャック」は「フリー」と名がついてるためタダで実行できるわけです。

フリーベットブラックジャックのメリット・デメリット

フリーベットブラックジャックは、勝利時に条件がハマれば通常のブラックジャックよりもずっとお得に儲けられる可能性を持っています。

ルールを覚えないといけないので、単純に合計数21を目指してプレイするブラックジャックよりも最初は面倒に感じる人も多い。

賭け方が増えるので負けパターンも増えてしまう。

実際、僕はブラックジャックをやる時は通常ルール以外だとスプリットくらいしか使うつもりがないため、ダブルダウンなどは覚えてません。

それでは、まずはフリーダブルダウンとフリースプリットを紹介してみますね。

フリーベットブラックジャックのルール

フリーダブルダウン

最初の2枚のカードの合計数が9・10・11のどれかならフリーダブルを使うことができます。

※これ以外のカードでも同じことができるのが通常のダブルダウンです。

前提となる「ダブル」というのは、最初に賭けた金額と同額を追加で賭けることができることです。その代わり追加カードは1枚だけで終わり!

それをフリー(タダ)でできるということです。

通常、次の3枚目のカードで勝つ自信がある時に使う手です。例えば、次に10か絵札が来そうな時に使います。

負けた場合は?自分がベットした金額しか損をしないのでリスクが大きくなることはありません。

画面操作は「2X」などで表示されています。

フリースプリットとは

通常のスプリットは最初に配られた2枚のカードが同じ数だった場合に、2手に分けて2勝負を同時に進めていくやり方のことです。

それがこのフリーのテーブルでは条件が揃えばフリー(タダ)でできるということです。

フリースプリットができる条件は「10・10」以外の同一カードが揃った場合にタダでスプリットができるものです。

スプリットで2つの賭けを同時にできますが、できればAまたは8以上のカードが揃ってるパターンが勝率が高くなるのでおすすめです。

とは言え、スプリットがタダでできるので損する可能性は低いかもしれませんね。

僕もスプリットはフリーじゃない普通のブラックジャックテーブルでもよく使うくらいなのでこのテーブルなら絶対にチャレンジします。

ディーラーが22になった時はその回はチャラになる

このフリーベットブラックジャックではディーラーの手持ちカードの合計数が22になった時は、いくらあなたが良い手を持っていても引き分けになります。

ディーラーが22になった瞬間に問答無用でその回はチャラになる。

バストとプッシュとは

通常は22は単なるバストですが、このテーブルはディーラーが22になるとプッシュとなります。

  • バスト=負け決定
  • プッシュ=引き分け

例えば・・・

3枚目以降のカードを引いて21を超えたら「バスト」

ディーラーと自分が同じ数で引き分けたら「プッシュ」

※ただし先ほどの解説のように、このフリーベットのテーブルだけはディーラーの22は負けでなくてゲームをチャラにする効果があります。

フリーベットブラックジャックをやってみた 感想

正直、僕の場合にはルールに慣れるまで少し時間がかかりそうな感じです。

というのも、プレイしていたら必ずすぐにフリーのチャンスが来るとは限らなくて、突然やってきても見逃してしまうことがあるからです。

実際に・・・

7と7でフリースプリットのタイミングが来てましたが、つい焦って1枚追加の「ヒット」を選んでしました・・・

もったいなかったです。。

女性ディーラーには「もったいない!信じられない~」と言われて天を仰がれてしまいましたw

そこで気づいたんです!あ、タダでスプリットできてた。。。とw

ルールに慣れるまでは1回1ドルのレートで50回くらいはやってみる必要があると思いました。

ちなみにこの後も簡単にはダブルダウンもスプリットもチャンスは来ませんでした。狙ってやるものじゃないかもしれませんね。

ダブルダウンもスプリットも知らなかった人でも、50回もやっていれば何度もチャンスが来てルールは身につきそうに思います。

50回のうち半分くらいは勝てると思うので実際にはプラマイゼロとかで遊びながら覚えられそうです。

ベラジョンカジノ ライブブラックジャックのテーブルリミットベラジョンカジノのライブブラックジャックは3タイプがあり、パリ・ネットエント・ブリッツがあります。 ※正式にはブリッツもネットエン...
ベラジョンカジノ ブラックジャックの賭け方(やり方)ベラジョンカジノのブラックジャックの賭け方(やり方)を実際にプレイしててドハマリしてる僕が解説してみました。 今回は賭け方と言って...