ベラジョンカジノ バカラ

ベラジョン ライブバカラ テーブルリミット

ベラジョン ライブバカラ テーブルリミットベラジョン ライブバカラ テーブルリミットを紹介します!

ベラジョン ライブバカラ
ベラジョン ライブバカラについてベラジョンではライブバカラも人気がありますが、適当に選んでしまって痛い目を見ることも!特徴や選び方について紹介してみました。...

※テーブルリミットの前にアジアとヨーロッパで選ぶ基準は以下のようになっています。参考にどうぞ。

  • アジア(シンガポール)=初心者向け
  • ヨーロッパ(パリ)=上級者向け

もし、まだベラジョンカジノに登録を済ませていない場合には、先に登録を終えておかないとベラジョンで各テーブルを覗くことができませんよ。

バカラ アジア(シンガポール)のテーブルリミット

ベラジョンカジノ ライブバカラ シンガポールバカラ・シンガポールでは9種のテーブル(厳密には約27テーブル)があり、テーブルリミットは下限が1ドル、上限は5,000ドルとなっています。

テーブルリミットは全て1ドル~5,000ドル

このシンガポールではバカラテーブルごとにベット額を基準として3タイプに細分化しています。

例えばバカラテーブルの選択画面で「A1スピードバカラ(中央」)のテーブルを選ぶとします。

ベラジョンバカラテーブル選択ここで希望のテーブルのリミットがいくらか?を確認するには「プレイ」と「人」の間の部分を部分をクリックすると分かります。(以下、参考にどうぞ)

ライブバカラ リミットの確認方法

上記にように、ここをクリックと書いてる部分をクリックすれば、以下のようにテーブルリミットが見れるように開きます。

ベラジョンライブバカラ リミット選択

1ドルでベットしたいなら「1-100」の箇所の星マークを選び、星が黄色になったら選択完了です。後は星の右あたりをクリックすればテーブル画面が開きます!

ちなみに、日本語で「ベットしてください」「ベット終了」など解説をしてくれるので初めての人でも安心ですよ。

ベラジョン ライブバカラ テーブル画面ちなみに、画像を抑えつつ記事を書いていたらディーラーが入れ替わっちゃいましたw

好みのディーラーを選ぶならサクッと決めないと姿が消えちゃいますw

好みの人を追いかけるなら、しばらく待つか、もしくは翌日などに再び探すしかありません。これこそ実在するディーラーが相手なのであちらも勤務シフトがあるってことですよね。

続いてはライブバカラヨーロッパ(パリ)についてテーブルリミットを紹介しますね。

バカラ ヨーロッパ(パリ)のテーブルリミット

ベラジョンカジノ ライブバカラ パリバカラ ヨーロッパ(パリ)のテーブルリミットバカラ・ヨーロッパ(パリ)では18種のテーブルがあり、テーブルリミットは下限が1ドル、上限は15,000ドルとなっています。

テーブルリミット1ドル~5,000ドル

ベラジョン スピードバカラ
  • スピードバカラA(上画像)
  • スピードバカラB
  • バカラA
  • バカラB
  • バカラC
  • 手数料なしバカラ
  • No Comm Speed Baccarat
  • Dragon Tiger

テーブルリミット1ドル~2,500ドル

ベラジョンカジノ プントバンコ
  • プントバンコ(上画像)

テーブルリミット2ドル~5,000ドル

ベラジョンカジノ スピードバカラC
  • スピードバカラC(上画像)
  • スピードバカラD

テーブルリミット5ドル~5,000ドル

ベラジョンカジノ スピードバカラE
  • スピードバカラE(上画像)
  • スピードバカラF
  • スピードバカラG
  • コントロールスクイーズ
  • バカラスクイーズ

テーブルリミット1,000ドル~15,000ドル

Salon Prive Baccarat
  • Salon Prive Baccarat(上画像)

他人にプレイを見られることなく自分一人しかプレイできあにまさにプライベートなバカラテーブル!あなたのプレイを他人が見れないのと同じで、あなたは他人がプレイしているところも見学することはできません。

なお、上記の画像ではカギマークが画面中央にあり、他のプレイヤーがいるのでテーブルに入ることができない状況となっています。

salon Prive Baccaratの注意点

ベラジョンの資金残高が6,000ドル以上残っていないとテーブルに入ることはできません。

日本円で約60万円ほどですが、覗いてみるためだけに入金をするなら注意が必要です。というのも、ベラジョンカジノは入金したお金はベットせずにそのまま出金はできないからです!これは基本ルールなのでご存知だと思いますが注意くださいね。