ベラジョンカジノ ゲーム

ベラジョンカジノ Sticky Bandits Wild Returnの紹介

Sticky Bandits Wild Returnの紹介オンラインでカジノゲームが楽しめる、世界中で人気のサイト「ベラジョンカジノ」。

今回は西部劇の賞金稼ぎをモチーフとしたスロットゲーム「Sticky Bandits Wild Return」についてご紹介していきます。

→ まずは ベラジョンカジノ登録を済ませましょう

ベラジョンカジノ Sticky Bandits Wild Returnの特徴

Sticky Bandits Wild Returnは Quickspin 社製のスロットゲームです。リリース日は2019年7月30日、縦4×横5の縦回転のリール構成となっています。

ペイラインは40本あり、このライン上に特定のシンボルが並ぶと配当成立となります。またRTPは 96.28% となっていて、これは自分がベットした額に対する払戻金の割合を表しています。

「Bandit」とは強盗、盗賊といった意味で、このゲームの場合は「西部の賞金稼ぎ」といったイメージです。

ベラジョンカジノ Sticky Bandits Wild Returnのシンボル

「Sticky Bandits Wild Return」の高額配当のシンボルは「女性の二丁拳銃のバンディット」、「男性のバンディット」が2種類、「ウイスキーボトルとグラス」、「葉巻とケース」のイラストのシンボルとなっています。

A、K、Q、Jのテキストマークは通常配当のシンボルです。

バンディットのシンボルは通常時は1×1マスのシンボルですが、女性バンディットは3×3マスの1つの巨大シンボルとして登場することもあります。男性バンディットも同様で、こちらは2×2の大きさになることもあります。

これらの巨大シンボルは「MASSIVE BANDITS(マッシブバンディッツ)」と呼ばれるシンボルです。

スロットの機械が描かれているシンボルは「Quick Slot Symbol」と呼ばれ、5本目のリールに配置されています。

このシンボルが停止すると別画面に切り替わり、リールが3本のスロットの「QUICK SLOT BONUS」と呼ばれるミニゲームが始まります。

このミニスロットは昔ながらの「777(スリーセブン)」や「BAR」といったシンボルのスロットゲームとなります。ミニゲームでは1から3回のスピンでボーナス配当が獲得できます。

「WILD」と書かれたドクロレリーフのメダルは「スティッキーワイルド」のシンボル、「WILD」と書かれた通常のメダルは「レギュラーワイルド」のシンボルです。

また「BONUS」と書かれたドクロマークのシンボルもあり、こちらは「ボーナススキャッター」と呼ばれるシンボルです。「ボーナススキャッター」は通常スピン時のリール1、3、5本目に配置されています。

ベラジョンカジノ Sticky Bandits Wild Returnの遊び方

通常ゲームで「ボーナススキャッター」シンボルが3つ停止すると、7回のフリースピンボーナスが得られます。「ボーナススキャッター」はリール1、リール3、リール5に配置されています。

フリースピンボーナス時には巨大なマッシブシンボルが停止すると、マッシブシンボルのマス内全てが「スティッキーワイルド」に変化します。変化した「スティッキーワイルド」は、ボーナススピンの間はその場に留まり続けます。

このためその後のスピンで別の位置にマッシブシンボルが停止すれば、どんどん「スティッキーワイルド」の範囲が広がっていき、大当たりの大チャンスとなります。

高額配当を獲得すると「BIG WIN」、「SUPER WIN」、「MEGA WIN」、「EPIC WIN」と大きく表示され、金貨が噴き出す演出が入ります。

Sticky Bandits Wild Returnはシンボルの絵柄だけでなく、スロット画面の背景も西部劇の酒場のイラストになっていて、かなり高品質なグラフィックです。BGMももちろん西部劇風のイメージで統一されています。

また3×3や2×2の巨大シンボルシステムの採用によって、ペイラインも成立しやすくなっています。

特に中央部分に巨大シンボルが停止した場合はかなりの高額配当が期待できるという、見た目での分かりやすさもあります。このため大当たりの分かりやすい爽快感を味わい方に、おススメのスロットゲームとなっています。

このゲームをベラジョンカジノで探すには検索窓に「Sticky Bandits Wild Return」と入れればOKです、カタカナで入れても検索に出ませんのでご注意ください。

→ まずは ベラジョンカジノ登録を済ませましょう

↑ ↑ ↑

目印のアイコンがこれです