ベラジョンカジノ 評判

ベラジョンカジノとカジノシークレットを比較してみた

ベラジョンカジノとカジノシークレットはどちらも初心者から中級者に人気があります。そでどんな違いがあるのかを比較してみました。

実際に、ベラジョンとカジノシークレットの両方を僕自身プレイしているからこそ分かるそれぞれのメリットとデメリットを知っているんです。

ベラジョンカジノのボーナスとカジノシークレットのキャッシュバックの違い

  • ベラジョン=最大1,000ドルのボーナス
  • カジノシークレット=最大500ドルキャッシュバック

どちらも登録後に入金不要でもらえるものと、登録後の3回の入金でもらえるものが揃っています。

一見するとベラジョンが大きくて比較にならない気がしますが、ベラジョンのボーナスは出金する際にはボーナス額の20倍を賭けに使わないと出金できない条件があります。

カジノシークレットのキャッシュバックは、出金するための賭け条件がないのが魅力で、その代わりにベラジョンより少ない金額となっています。

ボーナスもキャッシュバックも、自己資金で負けた時の保険のような意味なので、出金する条件と金額の差の他にはあまり大きな違いはありません。

ただし、ボーナスをもらって大勝ちした場合はその勝利金はボーナス額の増加としてもらえることになるので、下手にボーナスをもらって大勝ちすると出金できずに困ることにもなります。

なので、オンラインカジノをあちこちでやってて慣れてる人になると、ボーナスの特典はもらわないようになる人も多いです。

もしボーナスをもらってなければ、大金が狙えるスロットのジャックポットマシンなどで1億円の大勝をしたとしても、すぐに1億円は出金ができますからね。

だから僕はベラジョンならボーナスはもらわず、カジノシークレットならキャッシュバックはもらうように友達にはすすめています。

ベラジョンとカジノシークレットの入出金の違い

  • できるだけ少額入金したいならベラジョン
  • コンビニ入金が唯一できるベラジョン
  • JCBカードを使いたいならカジノシークレット
  • 銀行送金で出金できる額が大きいのはベラジョン

ベラジョンとカジノシークレットでは入金額が少しでも小さい方が良い人ならベラジョンが良いと思います。

visaカードで入金するにはどちらも最高入金額は同じですが最低入金額はベラジョンが12ドルに対してシークレットだと25ドルからとなっています。

また1回の入金上限額が大きいのはvisaは両者2,500ドルで同じですがマスターカードならベラジョンが500ドルに対してシークレットは2,500ドルなのでかなり大きくなります。

また、シークレットはJCBで入金ができますが、ベラジョンはJCBが使えないんです。

さらに言うと、シークレットはダイナースクラブカードも使えます。

今だに他のオンラインカジノを見てもダイナースが使えるところはありません。

コンビニレジで現金で入金したいならベラジョン

ベラジョンだとファミマとローソンのレジで現金を使って入金ができます。これはベラジョンのポイントカップを使う入金方法となり他のオンラインカジノではまだどこもコンビニのレジでは対応してません。

電子決済で入金するにもベラジョンが使いやすい

電子決済サービスというと、アイウォレット・エコペイズ・ヴィーナスポイントがありますが、これらを使って入金する場合、ベラジョンの方が最低入金額は低くくて使いやすくなっています。

ベラジョン

入金手段 最低入金額 最高入金額
エコペイズ 10 20,000
アイウォレット 10 1,000
ヴィーナスポイント 10 50,000

カジノシークレット

入金手段 最低入金額 最高入金額
エコペイズ 25 5,000
アイウォレット 25 5,000
ヴィーナスポイント 25 5,000

こうやって見ると、いかにベラジョンの方が入金がしやすいかが分かります。

最低額も最高額もベラジョンが使い勝手が良さそうですよね。

ポイントカップはコンビニのレジから入金できる唯一の方法ですが、これは入金専用手段なので出金時には他の手段を選ばないといけません。

ちなみに出金をする場合にはどうか?も比較しておきますね。

電子決済で出金するにもベラジョンが使いやすい

ベラジョン

出金手段 最低出金額 最高出金額
銀行送金 10 25,000
エコペイズ 10 20,000
アイウォレット 10 25,000
ヴィーナスポイント 10 50,000

カジノシークレット

出金手段 最出入金額 最高出金額
銀行送金 500 50,000
アイウォレット 20 5,000
ヴィーナスポイント 20 500

ベラジョンとカジノシークレットのゲームの違い

ベラジョンとカジノシークレットのゲームの違いですが、大体は共通しています。それを前提に違いを解説してみますね。

全体をざっくりで表現すると、定番のバカラやブラックジャックやポーカー、ルーレットなどはベラジョンの方がテーブル数が多くておすすめです。

とは言え、ライブゲームは共通しているものが多いのでどちらでプレイしてもその時の勝敗は変わりません。ゲームへの入り口が違うだけで同じゲームをプレイすることになるからです。

日本語の音声解説があるのはベラジョン

ベラジョンのカジノシンガポールは日本語の音声解説がついてきます。これにこだわる人ならベラジョンの一択となります。

バカラの違い

バカラには倍率が数百倍などに跳ね上がることのあるライトニングバカラがありますが、これはどこのオンカジ会社を見てもまだカジノシークレットにしか存在していません。

また、テーブルリミットの大きさでいうとベラジョンのサロンプライベートバカラは15,000ドルという飛び抜けて大きなテーブルリミットとなっています。

バカラでものすごい倍率が当たることを期待するならカジノシークレット、大金を賭けたい人はベラジョンということにもなります。

ライブゲームの通信状態の違い

ライブゲームは通信状態が悪いと、画面が停止してまったり、ゲームが中断されたりとストレスだらけになります。

ベラジョンはどの時間帯にプレイしてもそんな心配はありませんが、カジノシークレットはちょくちょくと通信がもたつくことがあります。

快適さを求めるなら断然にベラジョンです。

まとめ

まだどちらも登録していない人であればベラジョンから登録するのが僕のおすすめです。

なぜなら、管理画面が操作しやすかったり日本語での丁寧な解説ページがあるなど初心者には優しいと感じているからです。

それに、最新のスロットゲームが揃うのも早いですし日本人向けのキャンペーンも多いのも魅力です。

また、カジノシークレットも通信状態がたまに良くないことを除けば大きな魅力がありますが、まずはベラジョンをやってみて、その次にカジノシークレットにも登録して見る順番がやはりいいと思います。

特に日本での運営歴など馴染みがあるのは圧倒的にベラジョンなので、困った時にネット検索などをして疑問点などをすぐに解消しやすい安心感も大きいんですよね。