ベラジョンカジノ 遊び方

ベラジョンカジノで生活はできるのか?

ベラジョンカジノをプレイして生活ができれば最高サンキューですよね!

そこでこのページではベラジョンカジノで生活ができるかどうかの答えとその理由を解説してみました。

具体的にどの程度の予算があれば実現ができそうなのか?も触れてみました。

ベラジョンカジノで生活はできるのか?その答

ベラジョンカジノで生活はできるのか?その答はやり方によってはできる!です。

24時間365日どこからでもプレイできるから

ベラジョンのようなオンラインカジノ以外だと、店舗に通う必要があったり、営業時間があったりと自分の好きなようにはプレイができません。

でもベラジョンなら集中ができる状態で時間がある場合には布団の中でも車の中でもどんな場所からでもプレイができます。

これは生活費を稼ぐためにやる人にとっては常にチャンスだらけで最強です。

バカラかブラックジャックそれにルーレットがベター

やるならバカラかブラックジャックそれにルーレットがベターです。スロットゲームは勝ち負けの確率が読めずにギャンブル性が高いので生活のためには不向きです。

カードゲームは基本的には勝率が約50パーセントと安定しているし、バカラなどはこれまでの出目を一覧で見ながら次の結果を予測できるために自分次第で勝率を高めることができるからです。

ちなみに、他のギャンブルと還元率を比較した場合、ベラジョンは圧倒的に高いです。

ベラジョン97%・パチスロ80%台・競馬70%台、この数字だけを見てもベラジョンでダメなら他はダメってことがお分かりいただけると思います。

ただし、問題はその賭け方です。間違ってもバーレー法やマーチンゲール法などを鵜呑みにしてやるのは危険です。

そんなワンパターンなやり方をしていると負ける時は凄い勢いで負け金が膨らむし、負けを回復させるのも難しいです。

続いては、あなたがベラジョンカジノで生活できるタイプの人かどうかの見極め方についてご紹介します。

ベラジョンで自分が生活ができるかどうかの見極め方

まず、生活ができるかどうかの見極め方は、1ヶ月の予算を1万円などの費用に自分で設定をして、1回1ドルや5ドルの少額のべットでバカラやブラックジャックやスロットをやってみることです。

この時、1回のべット額は1ドルや5ドル程度の少額に抑えてください。

少額でならべットする際に判断に迷いなく決断ができるので、それでも勝率が低くなるなら基本的に向いていないことになります。つまりベラジョンで生活はできないことになります。

もし、コツコツと勝利金が増えて1ヶ月後には1万円でスタートした予算が15,000円などに増えていればベラジョンで生活できる素質はアリということになります。

次は、僕が実際に資金を増やすことができたかどうかの結末をお話したいと思います。

実際に僕がベラジョンで生活すると仮定してプレイしてみたら

最初にベラジョンに入金した資金2,000円を1ヶ月間で18,000円まで増やすことができました。

重要なのは、1日や数回の賭けで資金を9倍に増やしたのではなくて、毎日ほとんど勝ちで終え、100円や300円や時には1,100円などの勝利金が1ヶ月で9倍まで貯まったということです。

つまり、継続して勝てたという事実です。

僕自身、ベラジョンカジノではバカラとブラックジャックを主にやっています。

僕の場合、生活費の足しになるのかも!と思ってから過去に数ヶ月間、記録をつけたことがあります。結果は毎月プラスになっていました。

やったことは、出目を見てバカラテーブルを選び、毎日負けないようにコツコツとプレイをして、ある程度の金額の負けになったら手を引くようにしているだけですが、それでもプラスになりました。

あと、最初に3連敗をしたらその日はやめるようにしていました。流れが悪い日はどうやってもダメだと感じたことがあるからです。

ちなみに、バカラだけにゲームを絞ってみた場合、1ベット1ドル~3ドルのベット額で20分ほどで10ドルの勝ちになればその日はやめて勝ち逃げするようにしているだけです。

また、ベット額を5ドル~10ドルに上げた場合には20分ほどで35ドル程度の勝ちで終えることもかなりの確率でできていました。

これだけ少額でやってもその日の食費くらいは稼ぐことができているので、もし資金が10万円ほどあり、1べット10ドルくらいでやれば1日1万円くらいの勝利金をコンスタントに得ることも不可能ではないと実感しています。

もちろん、毎日必ず勝てるわけじゃありませんので、予算は決めておき、負けたままで勝負を辞める日にも寛容になる必要があります。

要するに、1ヶ月間のトータルで1ヶ月分の生活費用のお金を勝てればいいわけです。

絶対にしてはいけないのは深追いです。負けたからと言って勝てそうなゲームで挽回しようとするのは大抵ひどい結果を招くので避けるべきです。

僕の場合、大きく勝つことは考えず、小さく勝ち続けることをモットーにしているので冷静にプレイができています。

賭け金を大きくすれば稼げる額も大きくなり生活費もすぐ稼げるような気がすると思いますが、1回の予算が自分の器よりも大きくなれば勝った時も負けた時も冷静にべットができなくなるので勝つのが難しくなりますよ。

自分にとって負けても何も感じない額を1回のべット額にすることが大切です。

これが負けたら・・・なんて1ミリでも思ったら賭けがブレるのでまるでダメですよ。

まとめ

ベラジョンの還元率は他のギャンブルに比べてはるかに高い数字です。それにバカラやスロットなどは勝率が50%ほどあるので手堅く勝負を繰り返せば生活費を稼ぐことも可能ではあります。

ただし、ギャンブルはやはりギャンブルです。

時には信じられないような負けが続くこともあるし、連勝が続いた時に自制ができなくなり大きく賭けて一気に勝利金が激減することだってありえます。

なので、生活費を稼ぐというスタンスよりもお小遣いを稼ぐというスタンスの方が無理がないのかなとも思います。