ベラジョンカジノ 入金

ベラジョンカジノでVISAデビットを使う

ベラジョンカジノでVISAデビットを使うことができれば、コンビニなどで購入してすぐにでも使えるのでありがたい人も多いと思います。

なにせVISAデビットなら口座に残ってる金額しか使えないから不正利用とかの心配も有限で抑えることができ、クレジットカードみたいに100万円とかいきなり使われる怖さがないですからね。

そこで今回は、べベラジョンカジノでVISAデビットが使えるかどうか最新の情報をお伝えします。

ベラジョンカジノではVISAデビットは使える

ベラジョンカジノではVISAデビットを入金に使うことができます。

てっきり、通常のクレジットカード以外はダメかと思っていましたが、まだクレジットカードを作ってない人や事情があって作れない人でもVISAデビットなら利用できるので大助かりですよね。

ちなみにVISAデビット以外にもマスターカードのデビットも使えるそうです。

なお、VISAデビットで利用ができるのは引き落とし口座として利用している口座の残高分だけになります。

なので、もしも口座に10万円しか入れてない場合にはベラジョンカジノの入金に使える金額も10万円までに限られます。

ベラジョンカジノでVISAデビットを使うメリット

ベラジョンカジノへの入金には通常のクレジットカードや電子決済なども利用することができますが、人によっては不正利用をされることを恐れる人も多いんです。

そんな人には、口座残高を限界として使える即時引き落としのVISAデビットなら安心して使うことができます。

仮に、クレジットカードを不正利用されたら100万円や200万円を他人に使い込まれるリスクがあるので、VISAデビットならそんな心配を避けられるという強みがあるわけです。

これは僕の個人的な感想ですが、今までに4年ほどベラジョンカジノをやってきた僕や周囲のオンラインカジノ仲間で、他人に不正利用されたという被害の話は聞いたことがありません。僕も体験したことはありません。

なので、VISAデビットにこだわらなくても、クレジットカードを作れる人ならとりあえずVISAデビットでプレイしながらクレジットカードも作った方がより手軽に楽しめるようになるのでオススメです。

ベラジョンカジノ VISAデビットの入金額について

ベラジョンカジノでVISAデビットを使って入金をするには、1回あたりや1ヶ月あたりの入金限度額が決められています。

1回あたりの入金の最低限度額は12ドルとなっています。

次に、最高限度額についてですが、これは1回(1日)2,500ドル、1ヶ月なら10倍の25,000ドルとなっています。

つまり日本円にすると1日で約25万円、1ヶ月で250万円といった具合です。

※なお手数料は1回あたり2.25%かかります。

世間一般にハイローラーと呼ばれる人なら1日で250万円なんて簡単に使ってしまうと思いますが、一般的なプレイヤーなら1日25万円も入金できれば十分だと思います。

その証拠に、オンラインカジノのなかで日本人プレイヤーが最も多く遊んでいるのがベラジョンカジノだと言われています。しかもダントツだとか。

※上記の金額は本人確認の手続きが完了してる人の条件となります。もし本人確認の手続きが完了していない場合はもっと限度額が低くなり、1回(1日)あたり1,000ドル、1ヶ月でも2,000ドルまでと非常に上限が低くなっています。

べラジョンカジノ VISAデビットで出金はできない

ベラジョンカジノでは、いやベラジョンカジノかどうか関係なく、どこのオンラインカジノでもVISAデビットに対して出金はできません。

幸い、ベラジョンカジノの場合にはカード入金をした人だけは銀行出金ができるので、ご自身の持っている日本国内の銀行の口座に入金してもらうのがベストと言えます。

べラジョンカジノ VISAとマスターカードのデビットの違い

ベラジョンカジノで使えるデビットカードにはVISAとマスターカードの2種類があります。基本的には利用上限額などに差はありません。手数料も差はないです。

唯一、差があるのが1回あたりの最低入金額です。VISAが12ドルに対してマスターカードは10ドルという具合です。

この程度の違いなら何も問題にはなりませんよ。

べラジョンカジノ VISAデビットも使えるけどバンドルカードも使えた

バンドルカードというものはプリカほど知名度が高くないのでご存知ない方も多いと思いますが、これなら使えます。

ちなみに、VISAデビットとバンドルカードの決定的な違いは、リアルカードを発行することができる点です。

リアルカードを発行してもらうメリットは、毎回使うたびにカード番号は共通になるので一度パソコンやスマホにデータが残っていれば、次回の入金時にいちいちカード番号などを全て入力し直す手間も省けます。

なお、上限額で言えば、バンドルカードは月200万円までとなっているのでVISAデビットの方が大きいです。